名入れで一生ものの万年筆を手に入れる|字が喜ぶ筆記用具

ペン

実は簡単に出来る

ギフト

万年筆の名入れは意外と簡単に行うことができ、最近ではプレゼント用にも相手の名前を彫る事も有ります。無料で名入れが可能な場合もあれば、数千円支払って行う場合もありますが、低価格で出来る物になっています。

詳細を確認する

字体の種類

ギフト

万年筆に名入れをする時は名入れの文字について注意するといいでしょう。名入れで可能な自体は制限があり、様々なフォントで名入れが出来るわけではありません。また文字数も自由というわけではなく、制限があります。

詳細を確認する

ロゴも彫れる

ギフト

名入れサービスではロゴやエンブレムなどを施すことも可能です。例えばパッド印刷を使用するとオリジナルデータを用いてプリントを行なうことができますし、また大量注文をすることも可能です。

詳細を確認する

蒔絵で名入れ

ギフト

万年筆に名入れを行なうのはもはや一般的なものになりました。レーザーが登場したことで、機械にセットするだけであっという間に彫ることが可能になったためです。レーザーで彫ると正確に綺麗に彫ることが出来ます。しかし人間の個性が無いため名入れにこだわっているという方は従来の手掘りが好きという方もいます。名入れには手掘りとレーザーがありますが、実はもう一つの名入れの方法があります。それが蒔絵と呼ばれる漆工芸の手法を用いた名入れの仕方です。蒔絵とは漆を用いて様々な模様を描くもので、日本で発達したデザインです。そもそもは渡来して伝わったと言われていますが、平安時代に独自に発達し、蒔絵と呼ばれる様になりました。そんな蒔絵は職人さんが1つ1つ手作りで作るもので、1つとして同じものがありません。そのため蒔絵に魅了される方も多く存在し、20世紀始めに万年筆に蒔絵を施したものが生まれました。万年筆の蒔絵は今でも人気で、筐体全てに蒔絵を施すとものすごい金額になってしまいます。そのため限られた方が楽しむ物として有名ですが、蒔絵の技術を用いて名入れを行なうというサービスがあり、名入れだけであれば数十万円で購入することが出来ます。
蒔絵で万年筆に名入れをしてくれる店舗は全国各地に幾つも存在しているわけではありません。漆工芸は日本の文化として無くてはならないものですが、一般的に大衆化されているわけではありません。そのため蒔絵を行なう店舗も少なくなり、今では蒔絵で名入れが出来るサービスを行なっている店舗も数少ないです。ただ出来ないわけではなく、店舗探しさえ行なえば依頼することが出来ます。蒔絵をするためには、下地に漆でコーティングされている必要があります。そのため単純にプラスチック製の筐体の万年筆や、金属むき出しの万年筆では蒔絵をすることは出来ません。蒔絵を行なっている万年筆店舗では下地に漆でコーティングされただけの万年筆を購入することが出来ます。こういった万年筆を購入した後に蒔絵を依頼してみるといいでしょう。勿論漆製の万年筆を既に持っているという場合は持ち込みで対応することが出来る場合もあります。ただし非常に繊細な作業が求められるため、漆絵師によっては断られる場合もあります。ですが、蒔絵で書かれた名前は風情の感じられる素晴らしい出来になっていて、一生使える物に仕上げることができると少なからず依頼する人がいます。